葬儀とお清め塩

葬儀におけるお清め塩の使い方の写真

葬儀におけるお清め塩の使い方

葬儀の儀式で使われる塩は、身体を清めるために使われます。古代では、死は不浄の一形態と考えられていました。そのため、葬儀に参列する際には、自宅に汚物を持ち込まないように、車に乗る前や自宅の前で汚物を取り除いてから参列するようにしましょう。葬儀場で手渡されるような塩を撒く習慣があります。しかし、死を穢れと捉えていない宗教や宗派では、塩を使わない。一般的に神道では、死は穢れであると考えられています。諸説ありますが、不潔とは「死んだ状態」であり、人の生きる力が低下している状態です。死の概念とは、その人のプラーナが完全に死んでしまう状態を指します。穢れとは、ある意味、生物から見て異常で不浄な状態と考えられています。. そして、穢れである死は、生者にも伝染すると説明されています。このように、神道では、家族が亡くなると、しばらく家にこもり、穢れの祓いを待つことになります。これは必要です。また、葬儀に参列して故人の死に触れる人も不浄とされます。そのため、他の人に汚物が広がらないように、葬儀に参列した人の遺体を清める必要がありました。ここは塩を使用しているところです。そのために塩を使用しています。現在でも葬儀の際には不潔を払うために塩を配り、家に入る前に悪霊を払うために体に塩を振りかける習慣があります。仏教では死を穢れとは考えていません。一方、仏教では死を穢れとは考えていません。

渋谷区の葬儀社グランドセレモニー