葬儀とお清め塩

まとめ

まとめの写真

葬儀用の塩と浄化用の塩をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。塩は体を清めるために振りかけられますが、一部の宗教や宗派では塩を使用しないものもあります。

葬儀を行う場合は、塩分が提供されるかどうかを確認しておくと良いでしょう。個人の修行にもよりますが、わからない場合は菩提寺に相談してみるのもいいかもしれません。葬儀についてのご質問や葬儀社の紹介をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。いつでもお気軽にご連絡ください。葬儀場のご相談、ご紹介、その他関連するサービスを承ります。死はとても身近なものであり、それにしっかりと向き合い、生きていくために使うべきだと教えています。そのため、仏教の葬儀では、身体を清めるために塩を用意しないところもあります。特に浄土真宗の神々の葬儀では、お清めの塩は使用しません。これは「菩提心に大いなる力」という教義があるからであり、人は死後、浄土に生まれてくるべきだという考えである。しかし近年では、葬儀の儀式に神道信仰が混じっており、葬儀場で故人に塩を入れた小袋を手渡すことができるようになりました。そこだ このように、仏式の葬儀でも、死は穢れとはみなされないため、塩を配ることがあります。地域の風習やお寺、喪主の考え方にもよるので、簡単には外せません。